マイブログ リスト

2012年6月2日土曜日

本日のリーベンオチ

市長に対するブーイングは、最大のターゲットにされた現業系職場の周辺からも上がっている。「不始末をしでかした人間が、心機一転の場に大阪市を希望し、大阪市もこれを受け入れた。ええことやと思うし、昔は目立たない部分で、そういう温かい話があった。一罰百戒、一時が万事やなくて、もう少し弾力的な考えができないものか…」(ある団体役員)

ある団体役員

ある団体役員

ある団体役員

天皇の教え誰も守ってなくてワロタwwwwwwwwwww

阿比留瑠比記者が「もともと輿石氏には自身の政策らしい政策はなく、ただ組織の中をうまく泳ぎ渡ってここまで上り詰めた人なので、根っこは日教組にあるにしろ、実は消費税にしろTPPにしろ集団的自衛権にしろ、特に個人的な見解も意見もないと見ています」と評価

朴もそう思いますね。
現代の過去記事に"小沢離れ"を加速させて大化けするかーー輿石東幹事長が受け継ぐ金丸信の「融通無碍のDNA」というのがありますが、金丸さんと同じで輿石さんには保守も革新もないんですよ。
たまたま政治活動の入り口になったのが日教組というだけで。
そういう意味では、松井知事のお父さんが後援会している部落解放同盟・自治労活動家の社会党代議士から自民党清和会に華麗な転身を果たして、靖国賛成・郵政民営化賛成の旗手となった某先生と同じ現実主義者なんですね。
興石さんは嫌われることが多い人ですが、青臭い奴ばっかしの民主党では貴重な現実主義者です。小沢といっしょに追い出したら、民主党は本当にバラバラになってしまうでしょうよ。
それはそれでいいことですがね。

もはや「幹事長交代=小沢切り」以外に選択肢がなくなった野田首相。「先送りする政治からの決別」はなるか!?

「野田と小沢の会談の本質はもう決まっている消費税増税の是非ではなく、民主党執行部が追い出すことが決まっている小沢グループに機密費から渡す離婚の慰謝料の額をいくらにするか」と二階堂氏が身も蓋もない指摘

ちょっとした間違いで停職3ヵ月の憂き目に 仕事に復帰したいと熱く語る

〈マンガ〉正法眼蔵入門―道元の「仏法」に迫る

一休和尚大全(著)一休宗純




0 件のコメント:

コメントを投稿