マイブログ リスト

2012年6月7日木曜日

本日のネタオチ

勝ち組年金ライフを満喫する池田信夫が「デフレ脱却なんて意味がない」と高らかに宣言

元大蔵官僚の小笠原誠治さんが「いっそのこと今発行している円を全てドルに交換してしまい、日本国内の取引もドルで行うように制度を改正してしまうようなことが考えられないのでしょうか?或いはまた、ユーロ圏を参考にして、アメリカとともに日本が中心となってドル圏を形成して、日本がその一因になる、と。で、そのようにしてドル紙幣を日本国内の法定通貨にしてしまえば、もう我が国の輸出企業が円高で苦しむことなど永久になくなるのです。もちろん、ドル紙幣は米国の中央銀行が発行するものであるので、日本政府や日本銀行は、日本の景気がどのような状況にあろうとも、直接通貨の発行量を増やしたり減らしたりすることはできなくなるのでが、その代り超円高とは永久におさらばできる、と。さあ、このアイデア如何でしょう?」と提案

悪くないと思いますが、そこまで言うならいっそうのこと米帝との国家統合をすればどうでしょうか。日韓併合みたいに。国号は太平洋合衆国にします。
そうすれば核保有国になれますし、領土問題も拉致問題も全て解決しますよ。
米帝の領土に手を出してくる中国なんて考えられませんし、米国公民を人質にし続けるメリットのある北朝鮮もありません。
人口3700万人のカリフォルニア州の大統領選挙人は55人ですから、日本州に割り当てられる選挙人は178人。
そうばん国を乗っ取れます。

100%独自ネタの地元ニュースであれば読者は喜んでニュースを買う!? ~バフェットから新聞発行人への手紙

たまに出張や旅行で地方紙を読む機会があると、全国紙と違って面白いですね。
日本は全国紙の宅配が衰退産業であるのは間違いないと思います。
地方紙はどうでしょうね。
沖縄や北海道みたいな真っ赤っ赤な地方紙でも生き残るでしょうかね。

きっと消費税増税はできる!できるにちがいない・・・できるにちがいない・・・できなければバカー!

なんかこの人、最近言うことが完全な逆指標になってしまっているな。

民主党がダメになっていよいよ俺たち新自由主義者の時代が来ると期待していたら自民党がヒトからコンクリートとか言い出してこのままでは日本はハイパーインフレになって破滅すると奈落の絶望に突き落とされた小泉Jr応援団の池田信夫さん

脱原発でときめかせて欲しいニダ

神はいずこに―キリスト教における悟りとその超越(著)バーナデット ロバーツ




1 件のコメント:

  1. 一応俺達の・・の元自衛隊の恵センセイが何かに書いてましたが沖縄って訃報とかそういう葬式広告でかなり稼いでいるみたいなんですよね(他の地方紙でも大抵訃報確認の為に購読している場合をよく聞きます
    その需要が消え失せた時に日本の場合に限れば破綻するでしょうね恐らく。
    外国の場合は要は他人の事を知りたい野次馬需要がどのくらいかで決まる感じです(覗き見番組の視聴率とかみると
    >逆指標
    全力で拘っている分だけ激流。
    最近愛の糾弾()の的の片山センセイもそうですが批判されるだけどんどん光を増していく事でしょうよ。
    ありがたい事です。

    返信削除